ホーム > ビジネス > 目の前にくると

目の前にくると

現実にノートパソコンの画面の前に座り休むことなく上がったり下がったりしているレートを目を向けていると理由無くトレードをせずにはいられなくなるという抑えようのない気持ちに影響される事も多いと思います。

 

でも、漠然とした思いで売買することは絶対にしてはいけません。

 

分かっていると思いますが、マーケットは1日中休みなくいずれかの国でマーケットが変化しているし為替レートも常時、変動している。

 

しかし、何回も売買を積み重ねるとその分だけ損失が生じるリスクが高まってしまう。

 

確かにエントリーの数を積み重ねる事で次第に儲けられる確率か50%、50%に近づくのは事実です。

 

でもその事実は「ぼんやりとした勘でトレード」とは別の問題です。

 

トレード回数を重ねるという意味は自分が「ここがチャンス」と考える確信を得た状態でのトレード回数を積むという意味である。

 

何となく、連続してトレードを重ねるのとはかなり異なります。

 

マーケットの勝負に臨むには自ずから意識してメリハリをつけることが大事です。

 

「ここは勝てる」と思った外国為替相場の時には、覚悟を決めてポジションを増やして意識して儲けを求めます。

 

「何となく難解な市場でどう変化するのかわからないな」と思った時は、執着しないでポジションを閉じて放置します。

 

これくらいのリズムをつけた方が最後にエントリーは儲けられます。

 

マーケットの名言には「休むも相場」というものがあります。

 

実に言葉どおりだと感じます。

 

外国為替相場とはいつでも売買ポジションを持っていることが肝心な事ではなく、何も持たずに待っている事も事態によっては取引です。

 

では、どういう場面で、休めばいいのでしょうか。

 

ひとつは、前に述べたように、これからの為替相場が今ひとつよく見えない時。

 

今後ドル高になるのか、ドル安になるのかが見通せない時は、ヘタに動くと、考えたストーリーとは逆の方向にマーケットが変動してしまい損する事になってしまいます。

 

そのため、そういった場面ではポジションを減らして何もしないで静観しているのがいいでしょう。

 

2番目に、自分自身の体の具合がすぐれない時です。

 

体の具合と相場に何の影響も与えないと感じる人もいると思いますが実は意外と関係あります。

 

体の状態が変な時は、市場の判断しなければいけない局面で冷静な決断が出来ない場合があります。

 

気乗りがしない時は、マーケットから目をそらす事も必要な事です。

 


関連記事

  1. 目の前にくると

    現実にノートパソコンの画面の前に座り休むことなく上がったり下がったりしているレー...

  2. テスト

    テスト記事です。...